施設紹介

あしもりクリニック

  • 一般外来・検査
  • 訪問診療
  • デイケア

住み慣れた地域で自分らしく生きていただくために、
健康管理・予防から治療までのプライマリ・ケア(総合診療)を提供いたします。

診療科目 内科・循環器科・呼吸器科・消化器科・リハビリテーション科・放射線科
介護保険サービス 通所リハビリテーション(デイケア)
利用定数 通所リハビリテーション(1日20名)
介護保険サービス
ご利用対象者
通所リハビリテーション/要介護1~5
介護予防通所リハビリテーション/要支援1・2

理念

患者様は家族 いつでも安心 やさしい医療

外来リハビリ

「あしもりクリニック」外来患者様を対象に、マンツーマンでリハビリテーションに対応し、回復をサポートいたします。体力低下や痛み、しびれなど、日常生活や体の動きに不安を感じたら当院を受診のうえ、外来リハビリをご利用ください。


こんなときにご利用ください

骨折後/手術後/脳卒中後に麻痺が残っている/腰や膝・手指等に変形や痛みがある/長時間の外出が適さないなど

診療日・時間など

※急患の場合は下記の限りではありません


診療時間
外来診療 9:00〜12:00
15:00〜18:00
18:00〜19:00
訪問診療 15:00〜18:00
らくらく教室 13:30〜15:00

職員紹介

岡山大学医学部卒業
岡山大学医学部付属病院第三内科勤務のち、相生市立相生市民病院、西大寺病院を経て、あしもりクリニック入職。

医療法人雄風会理事長/あしもりクリニック院長市木 研
なじみの地域でなじみの人とともに創る 豊かな時間

「健康」は個人のものです。しかし同時に「健康」とは多くの人とつながるためのものでもあります。健康を失うと人や地域とのつながりが切れてしまうことがありますから、その方の健康を維持することが「人と人をつなぎ、生活を創る」という心構えで診療に尽くしています。
糖尿病研究にはじまり、内科ひと筋に歩んできた私は長年、いわゆるプライマリ・ケア(総合診療)といわれる地域医療を実践。その後、生長先生の人柄やリーダーシップにひかれて「あしもりクリニック」に入職しました。
総合診療の経験が地域医療で最も重要視されるのは「今ここで救急的な治療をしないと危ない」という判断を求められる場面。たとえば、内科を受診される方の中には、外科的処置が必要な方もいらっしゃいます。血液検査の結果を待っていたら間に合わないこともありますから、数値だけに頼らずに的確な診断を行なうには多くの経験と患者様との日ごろの関係性が重要です。
地域医療には患者様の「病気をよくして社会生活に戻す」という使命があります。病気を治療することだけでなく、より的確な診断のために患者様とずっと関わりをもつこと、生活への関わりを診ることも大切にしています。たとえば「だるい」「めまい」など原因不明の症状が、ただの「疲れ」と思っていたら何かの疾患ということもありますから、わずかなことでも相談しやすい雰囲気づくりをスタッフ全員で心がけています。


岡山大学医学部卒業
岡山大学医学部附属病院第一外科教室勤務後、おおもと病院に勤務。
のちに同院長。現在、おおもと病院名誉院長。

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
マンモグラフィ読影認定医

日本乳癌学会/日本乳癌検診学会/日本臨床外科学会評議員/日本消化器内視鏡学会/日本内視鏡外科学会

外来顧問庄 達夫

私は長年、消化器外科・乳腺外科を専門に第一線で活躍してきました。70歳でメスを置き、2014年3月から週2回、「あしもりクリニック」で外来診療と施設内の訪問診療を担当しています。
特に「あしもりクリニック」の検診環境は快適で、岡山市中心部の施設に匹敵する高度な検査が可能です。さらに、内視鏡検査(胃カメラ)をはじめとする消化器系検査、内臓の超音波(エコー)検査、乳房検査・乳がん検診について、消化器・乳腺の専門医で検診学会会員の私が行なうことにより、早期発見・早期治療につなげ、地域のみなさまのリスク軽減に貢献したいと思います。なかでも、消化器系は健診で容易に病変を発見できるため、自覚症状が出る前の早期治療でさまざまなリスクを減らすことができます。また、乳がんについては早期発見による治癒率はとても高く、乳房を温存できる可能性も高いことから、地域のみなさまには年1回の検診を強くお薦めいたします。


1942年生まれ。愛媛県出身。松山東高校、岡山大学医学部卒業。
岡山大学医学部小児科助手、川崎医科大学小児科講師、同大学小児科教授を経て、平成20年4月新あしもりクリニック入職。
Kids21子育て研究所所長。
川崎医科大学名誉教授・一般小児科医。

医師片岡 直樹

これまで私は40年以上におよぶ小児科外来で、プライマリ・ケア(総合内科・総合診療)から高度先進医療まで、数え切れないほどの症例を経験し、ご家族様との対話を重視した診療を行なって参りました。現在は、生長グループのデイケア施設(あしもりクリニック・新あしもりクリニック)とグループホーム等施設の入居者様の健康管理を担当しています。あわせて「キッズ21子育て研究所」で、乳幼児の「ことばの遅れに関する育て直し」を研究しています。
生長先生とは「あしもり内科」開業時から、小児科診療を通じて深い信頼を築いて参りました。生長先生は、備中高松・足守地域の高齢者様の介護福祉だけでなく、健康づくりや生きがいづくりにも長年取り組んでおられます。その様子を長年、実際に見てきた私は「この地域は理想郷だ」と感じ、自ら希望してこちらに参りました。
デイケアの利用者様は日中、作品を作ったり、プログラムを通して仲間同士で楽しい時間を過ごされたりしています。私も診察以外の時間を活用して、利用者様(おもに男性)の囲碁や将棋の相手をさせていただいていますので、どうぞお気軽に声をかけてください。


医師 藤浪 和正
一人ひとりと向き合う医療に取り組んでいます

私は、在宅医療(訪問診療)と、当グループ利用者様の診療と健康管理、検診等を担当しています。生長グループに入局した理由は、総合診療に取り組み、患者様それぞれのご意向に添える形で医療サービスを提供したいと強く感じたからです。私は今、患者様お一人お一人と向き合い、回復のお手伝いをしながら、患者様に寄り添うようなお付き合いをさせていただいています。また、ご本人だけでなく、ご家族様にもその都度、ご理解いただけるように何度でも丁寧に説明いたします。目標は「患者様に笑顔になっていただくこと」。患者様の中には、通院を面倒に感じて痛みなどを我慢される方もいらっしゃいます。それでは治療が間に合わない場合もあります。だから私は患者様にとって「話をするだけで笑顔になれるような存在」でありたいと心がけています。私はネコが大好きなので、ネコの話をするだけでもいいから、いつでもお気軽にご相談ください。


看護師長中田 勝子
地域の皆様に安心な暮らしを

私は、昭和58年「生長内科」開業時に入職し、家庭の事情で退職した後、再入職いたしました。現在は看護師長として、外来に通院されている在宅患者様の調整や、入退院調整、職員の状況把握などを行なっています。さまざまな環境で仕事をしている職員が「働きやすい状況」を整えることが安心の医療を実現するために必要だと思っています。また、各専門職やさまざまな職種の方との連携もとても大切にしています。目標は「職員もその家族もこの職場で仕事をしていることが良かったと思えること」。地域の皆様におかれましては、さまざまな医療と福祉が一体となった当グループを活用いただくことで、この地域で安心な生活をかなえられるよう、私ども職員も最善を尽くしてまいります。まずは、ご相談ください。


あしもりクリニック外来リハビリ主任梶田 明彦
皆様を励ましながら回復をお手伝いします

私は、リハビリテーション専門の学校を卒業した後、総合病院を経て当グループに入職しました。健康のためには「自ら治していこうとすることが大事」ですので、私は皆様を励ましながらリハビリを継続していただけるよう心がけています。将来的には「整形・脳血管リハビリ」や「地域包括リハビリ」「心臓リハビリ」「がんリハビリ」など専門性の高いリハビリに取り組めるよう精進しています。体が動きにくくなった方はもちろん、その方を支えるご家族の方、介護に携わっている方、日常生活で無理されている方、また、運動不足の方など、それぞれの体の悩み・負担を軽減し、QOLを向上できるように私も日々がんばっています。体の動きに不安を感じたらお早めに、お気軽に当院を受診のうえ、外来リハビリにお越しください。


あしもりクリニック通所リハビリリーダー増田 美保
家庭的な雰囲気を大切にしています

私たち通所リハビリテーション職員の思いは、利用者様がご自宅での生活を不安なく、健康で長く過ごしていただくお手伝いをしたいと考えています。 そのために私は「いつも笑い声が絶えず、楽しく時間を過ごして頂くこと」をモットーに、ご自宅での生活をそのままに通所リハビリでも家事、配膳等を利用者様や職員が協力しながら一緒におこない、楽しく生活リハビリができるよう心掛けています。 これからも新しいこと、楽しいことのご提供を通して当通所リハビリがより一層、落ち着ける場所であり、気持ちが元気になるのを楽しみにしていただける場所になるよう職員一同、頑張っていきたいと思います。


あしもりクリニック通所リハビリリーダー佐藤 雄之
利用者様の笑顔は私たちの生きがい

私たちの目標は通所リハビリを受けていただいていた皆様が、精神面の健全性を保ちつつ、身体的機能を向上させ日常生活レベルの改善を実感することです。 さらに私は、利用者様の笑顔やご家族様の思いを大切にするとともに、一緒に働いている職員が快く、ここでの仕事を続けたいと思うように努めています。 また、季節の行事(お茶会・夏祭り・クリスマスお楽しみ会など)のご案内も行なっていますので、地域の皆様もお気軽にお立ち寄りください。 職員一同、笑顔でお待ちしております。

設備・サービスの特長

充実した検査設備
CT検査(頭部・胸部・腹部)、レントゲン検査、超音波検査(エコー検査)・心電図検査、胃・大腸内視鏡、がん検診など、患者様の負担が少なく高度な検査が行えます。また個人健診、企業健診もお受けしています。
医療福祉連携室
相談援助専門チームとして医療や福祉に関わる悩み事や困っていることなどの相談、他機関、病院との連絡調整、地域への奉仕活動などを実施しています。(直通TEL:086-295-1500)

らくらく教室(週3回)
健康、介護予防、いきがい作り等をテーマとして医師、リハビリ職員、ソーシャルワーカー、栄養士等の専門職が体操、勉強会を患者様、地域の方を対象に行っています。参加は無料です。
通所リハビリテーション
定員20名でクリニック2Fで運営しています。レクリエーション活動を通じて 利用者様同士や職員と共に楽しい時間を過ごしていただきます。また理学療法士により利用者様の状況に応じたリハビリを行い日常生活動作や心身機能が維持・回復することを目的としてお手伝いします。

アクセス・施設情報

あしもりクリニック

〒701-1464 岡山市北区下足守1900番地の1
TEL.(086)295-1133 FAX.(086)295-2550

ご相談・お問い合わせ