施設紹介

高松アクティブホーム (超在宅強化型)

  • 介護老人保健施設
  • ショートステイ

医師の管理の下、看護、介護、リハビリからなるチームケアを行い、
生きがいのある施設生活と在宅復帰を支援します。

利用定数 4階建 定員80名
ご利用対象者 入所/介護保険認定で要介護1~要介護5の方
短期入所療養介護/要介護1~要介護5
介護予防短期入所療養介護/要支援1・要支援2

理念

私達は、長寿を地域と共に支え合う、在宅支援施設の創造を目指します。

方針

回復期にある利用者様の在宅復帰を支援いたします。
地域の皆様の健康長寿を図り、在宅生活の継続を支援いたします。

  • リハビリの専門職(PT/OT/ST)を十分に配置し、身体機能を評価しながら、在宅復帰に向け、積極的にリハビリを行なっています。
  • 入浴に関して「家庭浴」を考慮した取り組みを実施しています。
    本人様の状態に適した一般浴、チェアー浴、特浴と4タイプに分けています。
  • おいしい食事を安心して安全に食べていただきたい。
    栄養委員会を設けて、経口摂取が可能な利用者様には、食餌医療や食事形態など、個々の病態にあわせたメニューを検討しています。

施設内に各委員会を設置

感染・栄養・褥瘡(床ずれ)・排泄・入浴・リハレク・ケアプラン・研修

各委員会が月2〜3回の頻度で勉強会・研修会を開催し、職員の専門知識・技術の向上を図っています。また、新人職員用の年間計画プログラムを設けて、確かな専門知識と技術を備えたプロに育成しています。上記以外に、介護福祉士、介護支援専門員の国家試験対策勉強会を実施。施設外への研修会などへも積極的に参加し、学んだ内容を内部研修に取り入れ、各職員のスキルアップにも努めています。

職員紹介

常勤医師/管理者阪上 賢一
「高松アクティブホーム」は地域介護のゲートウエイ(玄関)

当施設は、平成27年2月に、岡山市より「超在宅強化型施設」の認定を受けました。急性期の治療を終えられ、回復期にある方々に対し、老健施設として積極的なリハビリテーションを行ない、在宅復帰への支援を行なっています。
「高松アクティブホーム」の名称には、高齢者の方々に「家庭的生活に早く復帰できるようアクティブ(積極的)にリハビリに取り組んでいきながら、滞在中はアットホーム(家庭にいるよう)な雰囲気の中で、おくつろぎいただきたい」という私たちの願いが込められています。管理者(医師)・看護師・介護士・リハビリ専門職(PT/OT/ST)・支援相談員・介護支援専門員・管理栄養士・事務職など各専門職によるチームが一丸となってチームケアに取り組み、ご家族様との対話を重視しながら、できるだけ多くの利用者様(退所者様の50〜60%以上)を在宅復帰に導けることを目標に運営しています。また、地域に開かれた施設として、住民・家族・ボランティアの方々とともに高齢者の生きがいづくりの施設となるように努めています。

私は長い間、総合病院の外科医として急性期医療に携わってきました。その経験とネットワークを活かし、地域の高齢者様が安心して穏やかに充実した日々を送っていただくための手助けができればと努めています。救急搬送の判断や手配はもちろん、急性期病院で手術を終えて当施設に帰って来られた方へのケアにも、私の経験を役立てていただきたい。ご家族様との話し合いを重視しながら、その方にとって、またご家族様にとって最良の介護スタイルを支援いたします。


施設長八方 則彦
地域の「介護のお悩みゼロ」を目指します

私は平成12年に入職し、介護の現場を一通り経験して現職に就きました。送迎から入所・退所の手続きまで、また現場のまとめ役や老健に関する管理業務なども担当しています。当施設は、地域医療連携における中間施設です。これからも「超在宅強化型」を引き続き継続し、基本に基づいた「あたり前のケア」に努め、利用者様がお一人でも多くリハビリにより回復されて在宅復帰が果たせるよう、また、介護負担にならないように総合的な援助に努めてまいりたいと思います。加えて、地域の皆様には、隣接施設の「オレンジカフェ(認知症カフェ)」をもっと知っていただき、この地域で病気や介護に困っている方がいない状況を実現できるように活動してまいります。

設備・サービスの特長

チームケアへの取り組み
管理者(医師)・看護職員・介護職員・リハビリ職員(理学療法士・作業療法士)栄養士・支援相談員・介護支援専門員などの専門職が連携、協働して月2~3回カンファレンスを行い、チームアプローチとして在宅復帰の援助に取り組んでいます。
在宅復帰へ向けたリハビリ
理学療法士、作業療法士が在宅生活に向けての専門的リハビリを行います。また施設生活においても生活リハビリとして自分でできることは行っていただくよう自立援助のアプローチを行っています。

楽しみのある食事
食事の楽しみを感じていただけるように普段の食事からバラエティーに富んだメニューを提供しています。また月に2~3日は駅弁の日、B級グルメの日と飽きがくることなく、楽しんでいただける食事メニューとしています。
元気クラブ(毎月)
毎月1回地域の方を対象として医師、リハビリ職員、看護師等の担当施設職員が講師となり勉強会を開催し地域の福祉力の向上と福祉啓蒙活動に努めています。

アクティブカフェ
アクティブカフェはリハビリ意欲の向上を目的とし開設されました。毎月最終金曜日に見晴らしの良い施設最上階で行われ、入所者でリハビリを頑張られた方が楽しみにしています。

ショートステイ空床状況

医療福祉連携室までお気軽にお問い合わせ下さい!
TEL:086-295-1500
入居のご相談入力フォームはこちら

アクセス・施設情報

高松アクティブホーム

〒701-1333 岡山県岡山市北区立田587 
TEL.(086)287-9888 FAX.(086)287-8261

ご相談・お問い合わせ